赤ら顔を予防する為に知っておく事

ら顔に悩んでいる場合は、その原因を正確に把握し、症状が出ないように予防したい、と願っていますね。
原因は、緊張やストレスによるもの、アルコールの摂取、急激な外的温度差、敏感肌、ニキビなど様々ありますので、原因によって対処の仕方も変わってきます。

 

まずは、毛細血管が拡張し、血流が増加することによって皮膚表面に血管内の血液の色が透けて見えてしまう症状について、その予防法を見ていきます。

 

血管を拡張させたり収縮させたりする役割を担っているのは、自律神経です。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経の働きが活発になると、心臓の動きも活発になり、血圧が上がります。

 

身体の活動が活発になるということは、酸素がたくさん必要になりますので、血管が拡張し、血流量が増えることになります。

 

副交感神経が活発になるのは、睡眠中やリラックスしている時です。
心臓の動きはゆっくりになるため、血流量は減ります。

 

とても大雑把な説明になりますが、赤ら顔の症状を抑えるためには、副交感神経を交感神経よりも優位にしてあげる、つまりリラックスすることが効果的になるわけです。
意識的にリラックスすることは、難しいと感じるかもしれません。

 

考え過ぎると逆効果になりますので、自分の鼓動が早くなり、心臓の動きが活発になってきたな、と自覚できた場合は、とりあえずその場で足を止め、深呼吸しましょう。
意識的に深く、ゆっくりと呼吸をします。

 

人の目が気にならなければ、胸に手を当てて自分の鼓動を確認しながら行うといいでしょう。

 

心臓の動きがゆっくりになったと自覚できるまで、深呼吸を続けます。

 

深呼吸する間、目を閉じるとより効果的です。

 

一時的に眠ったように、脳を錯覚させることができます。

 

そうすることで、副交感神経が交感神経より優位になり、血流量を減らすことができます。
敏感肌やニキビが気になる場合は、肌が本来持っている防衛機能が衰えている可能性がありますので、それを回復させてあげることが必要になります。

 

そのためには、一旦、クレンジングが必要になるようなメイクを止めましょう。
そして、洗顔せっけんで落とせるようなメイクに替えます。

 

ピーリングやレーザー治療などを行っている場合も、一旦止めましょう。
クレンジングやピーリングでは、必要な肌の油分や角質まで落としてしまいますので、それを一時的にやめて、肌を保護します。

 

1カ月ほど続けると、肌の機能が回復してきますので、赤ら顔の症状の発現状況を見ながら、元のメイクに戻すようにしましょう。